SSブログ
2. 道具(AV機器) ブログトップ
前の10件 | -

32ZP2(TOSHIBA)で4K放送は・・ [2. 道具(AV機器)]

P1310343-20210414s.jpg

 LDで2012年1月から使い始めたハイビジョンTVの32ZP2(TOSHIBA)、(テレビ内蔵のスピーカーには期待しませんので)設置時の音環境はそれまで使用のAVレシーバーのAVR-550SD(DENON)とスピーカーのSC-5.5 (DENON)とサブウーファー SW-37HT (KENWOOD)を流用しました。その後、スピーカーはSC-A7L2 (DENON)、サブウーファーはDSW-33SG(DENON)、そしてAVレシーバーはTX-L50(B) (ONKYO)に更新してインターネットラジオを簡単に楽しめるようになり、加えてミニPCのCoreBox i5 (CHUWI)を組合わせてYouTubeも快適に楽しめるようになりました。
 ベッドサイドと作業部屋のTV環境は、4Kチューナー PIX-SMB400(PIXELA)とPCディスプレイを組み合わせて解像度はFullHDですが、4K番組を視聴できるようになりました。そこで「LDでも4K番組を視聴できないか?」で「実験」としてベッドサイドで使用のPIX-SMB400を外し、TX-L50(B)CoreBox i5と接続するHDMIケーブルを一時的に付け替え、32ZP2への出力を確認しました。
 PIX-SMB400を地上デジタル放送にセットして32ZP2の画面に表示されたのは上の「通知 このコンテンツは、お使いのTVで表示することができません。HDCP2.2対応のTVにHDMI接続されているかどうか確認してください。」でした。「4K元年」とも言われた2013年以前の32ZP2、予想はしていましたが「やはり・・」となりました。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

作業部屋もPIX-SMB400(PIXELA)を組合わせて4K視聴対応に [2. 道具(AV機器)]

P1290690-20210306as.jpg

 ベッドサイドで自家製ディスプレイ一体型PCとして使用の27型のKH275 (I・O DATA)と組み合わせている地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーDTH310Rユニデン)を4KチューナーのPIX-SMB400(PIXELA)に交換し、解像度はFullHDですが、4K放送の視聴とAndroid TVを楽しめるようにしたことを2月のblogで書きました。
 作業部屋は23.8型ワイド液晶ディスプレイのKH245V(I・O DATA)と地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーDTH310R(ユニデン)の組合わせをTV視聴に使用し、地震対策としてKH245Vモニターアーム鉄腕 4軸1面用 CMA4A-SM (センチュリー)を用いて作業机に固定したことを3月のblogで紹介しました。そして上記のPIX-SMB400の導入に気をよくして「作業部屋でも4K放送の視聴とAndroid TVを楽しめるように」となりました。そこでケーズデンキ吉川店で特価販売のPIX-SMB400を入手して組み合わせました (^_^)
 Precision T1700 ミニタワー(DELL)の音声ライン出力とPIX-SMB400のHDMIでの音声出力を受けたKH245V * のフォン端子の出力が、CDレシーバーR-K711(KENWOOD)とJBL 4408Aの組合せで再生できるようにPrecision T1700KH275の出力を、以前入手したAV・ゲームセレクターAV-S-A31W(OHM;ベッドサイドのAV環境の整備のblog)の入力に接続して切り替えて使用できるようにしました。
 YouTubeでChick Coreaのライブの映像を見つけ、演奏を聴きながら、PC作業をしましたが、「PCの動作状況に関係なく、インターネット上で流通する様々な音楽に接することのできるAndroid TVとしても活用できるPIX-SMB400に更新してよかった (^_^)」となりました。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スピーカーをSC-5.5(DENON)からSC-A55XG(DENON)に更新 [2. 道具(AV機器)]

P1280889-20210212s.jpg
左:SC-5.5(DENON)、右:SC-A55XG(DENON)

《 2021年 2月13日23時08分頃、宮城県南部で震度6強とする地震が発生しました。作業部屋にいてテレビをつけていて地震速報の音を聞き、身構えていたところで強めの地震を長く感じることになりました。東日本大震災の時の地震の揺れより小さいことがわかりましたが、震源に近い地域での被害の少ないことを願います 》


 親族の家に持ち込んだ4Kテレビ43UN7400PJA(LGエレクトロニクス)とCDレシーバのR-K711(Kenwood)に組み合わせるスピーカーをSC-5.5(DENON;12cmコーン形ウーファー + セラミックドーム形ツィーターの2ウェイ・バスレフ方式)からSC-A55XG(DENON;14cmコーン型 + 2.5cmソフトドーム型 + 1.9cmドーム型の3ウェイ・バスレフ方式)に入れ替え予定であることを1月のblogで書きました。そして先日、その入れ替えを行いました。
 SC-5.5(DENON)を組合わせ時でも43UN7400PJA内蔵のスピーカーより明瞭な音を聞かせてくれ、ニュースなどが聞きやすくなりましたが、SC-A55XG(DENON)を組合わせたところ、SC-5.5使用時の単に鳴っているという感じから音が太くなり、色味のようなものも感じるようになりました(SC-5.5を外してSC-A55XGを付けての私の記憶に頼ってでのかなりアバウトな比較です。SC-5.5は30年近く前のスピーカーですので当然といえば当然かもしれませんが・・。)

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4Kチューナー PIX-SMB400(PIXELA)を入手 [2. 道具(AV機器)]

P1280777-20210202s.jpg
4Kチューナー PIX-SMB400(PIXELA;上)とCDレシーバーR-K731(KENWOOD;下)

■ 住処の4K視聴環境
 4Kテレビの43UN7400PJA(LGエレクトロニクス)を入手し、住処の集合住宅の4K受信状況を確認後、親族の家に持ち込んだことを昨年11月のblogで書きました。
 NHKが2021~2023年度の中期経営計画(案)で衛星波やラジオの整理・削減の検討を進めることが昨年8月のニュース(リンク先はAV Watch)で報じられました。「BS1で報じられるワールドニュースなどは世界で起きていることを知るために重要なソースとなっていることから残して欲しい」とNHKのアンケートに回答しましたが、方向は変わらないようです。このため、「住処に4K放送受信機器の整備も必要」と考えるようになってきました。

■ 4Kチューナー PIX-SMB400(PIXELA)
 近くのケーズデンキ流山店で4Kチューナー PIX-SMB400(PIXELA)*が4,980円(税別)で売られているのが目に入りました。以前、14,800円(税別)で販売されていた時、入手を一瞬、考えたのですが、理性さんの声でその時はパスしました。
 ベッドサイドで使用の自家製ディスプレイ一体型PCの有効活用から地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーDTH310Rユニデン)を組合わせていることを2017年のblogで書きましたが、「4Kチューナー(無論、4Kだけでなく地上デジタル、BS・CS放送も受信可)がこの値段で入手できるなら、PCディスプレイのKH275 (I・O DATA)と組み合わせているDTH310RからPIX-SMB400に更新」で入手しました(ケーズデンキあんしんパスポートで税込5,204円)。
 セットアップをしながらPIX-SMB400Android TVであることを実感させられました。また、PIXELAから「Android TVを買ったら必ず入れたいおすすめの神アプリ」という情報も提供されていることを知りました。
 なお、付属のリモコンは直感的な操作ができず、「使いやすい」とはいえないのですが、ピクセラ テレビ・4Kチューナー用純正リモコンPIXELA Optional Remote Controller PIX-RM047-BN1の販売価格は私のPIX-SMB400の入手価格と変わらないことから、「手頃な価格で入手できる機会が巡ってきたら・・」です。

■ まとめ
 PIX-SMB400と組み合わせたKH275はFull HD(1920×1080画素)で4K(3840×2160画素)ではありませんが、「4K放送で何が伝えられているのだろう?」と考える私に不満はありません。私のような考えをお持ちで「HDMI端子がHDCP2.2に対応のPCディスプレイに組み合わせて4Kテレビを視聴」という方にはケーズデンキで安価に販売されているものに出会えたらチャンスかもしれません(Amazonを見るとPIX-SMB400が6,800円(配送無料)から販売されています)。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SC-A55XG(DENON) [2. 道具(AV機器)]

P1280416-20210121s.jpg
SC-A55XG(DENON)

 4Kテレビの43UN7400PJA(LGエレクトロニクス)を親族の家用に入手し、CDレシーバのR-K711(Kenwood)と組み合わせたことを昨年11月のblogに書きました。スピーカーは1991年(?)に入手したSC-5.5(DENON)を組合わせ、4Kテレビ内蔵のスピーカーでは対応できない、聴きやすい音質と音量を実現しています。
 ベーム・ウィーン・フィルの「モーツァルト:レクイエム」のCDの入手について書いたblogで「クラシック音楽に適したスピーカーが・・」となったことを書きました。
 SC-A55XGDENON)がBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で目に入り、「2004年6月発売で2004年グッドデザイン賞受賞のシアタースピーカー55XGシリーズのブックシェルフスピーカーだからクラシック音楽向きでは・・」と、まず、考えました。しかし「突き板仕上げと光沢塗装を施したエンクロージャを採用。楽器のフォルムを意識したという曲線*も取り入れており、響きの良さとインテリア性を両立」という特徴が気になり、スピーカーの状態(エッジ)は問題ないと思われ、塗装の擦れなども私の許容範囲にあることを確認し、入手してしまいました(ペアで税込8,580円)。
 比較試聴したのは住処にあるスピーカーの中ではクラシック音楽に比較的向いているセカンドハンドで2018年に入手したSC-CX101(DENON)、そして用いたCDは"Yo-Yo Ma - Concertos from the New World"でした。
 SC-CX101の音の奥行きというか、厚みのある音に対して、SC-A55XGは音が浅く軽いように感じました。そして「やはりSC-5.5との入れ替えに」となりました。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

REGZA 32ZP2用のテレビリモコンCT-90381の電源ボタン復活 (^_^) [2. 道具(AV機器)]

P1280131-20201231s.jpg

 先のblogREGZA 32ZP2 (TOSHIBA) のリモコンCT-90381の電源ボタンが不調となり、AV-R340N-T (OHM)を入手したことを書きました。
 「CT-90381」と「修理」でWeb検索したらCT-90381そのものはでてきませんでしたが、CT-90320ACT-90340CT-90348の分解修理について書かれたものがあり(末尾のリンク)、「リモコンの下部のカバーの中にビスが隠れているのか (^_^)」となりました。そして「CT-90381の修理がうまくいかなくてもAV-R340N-Tがあるから」と分解修理に着手しました。
 分解してリモコンの操作ボタンは単純な電気接点ではなく、全て静電容量式タッチセンサ(リンク先はMicrochip Technology Inc.のpdfファイル)の応用らしいことがわかりました(電子回路設計に対して時代遅れの頭になっていることを自覚 (T_T))。そしてCT-90381の電源ボタン裏側に溜まった塵の除去とセンサ周辺のクリーニングだけして組み立てて元に戻したところ、リモコンの電源ボタンの操作に反応してREGZA 32ZP2のPOWER ON/OFFができるようになりました (^_^)
 なお、AV-R340N-T の方が軽い操作感で32ZP2をON / OFFできることからメインとして使い、CT-90381は何かあった時のバックアップに」としました。
 REGZAのリモコンの修理について情報提供されている皆様に感謝します (^_^)

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

REGZA 32ZP2用のテレビリモコンを入手 [2. 道具(AV機器)]

P1270693-20201220s.jpg

 REGZA 32ZP2 (TOSHIBA) が住処にやってきたのはblogのように2012年の正月のことで2021年になると使用開始より10年目に入ります。32型でFull HDの液晶ディスプレイであること、そしてテレビは東芝党に近いことがこの液晶テレビを選択した主な理由でした。ブラウン管式のテレビを使用した時代では6年位使うと不調となり、「新しいテレビを」となっていましたが、32ZP2、各室でTVが見られる環境となって分散されて使用時間が短くなったこともあると思いますが、現在も活躍しています。
 ただ、接触を繰り返すスイッチは使用劣化を避けられず、32ZP2のリモコンCT-90381の電源ボタン、強く押さないと反応しなくなってきました。「分解して・・」とも考えましたが、電池ケースの中にも分解のためのビスのようなものはなく、ケースを分割する凹部的な部分もなく、早々にそれは諦めました。「新しいCT-90381を」となりましたが、既に生産完了となっていて「代替となるリモコンは」で近くのヤマダデンキ テックランド流山店へ行き、「東芝レグザ専用」とするリモコンが何種類かあるのを確認しました。
 当初、「POWER ON / OFFができるリモコンであればCT-90381と組み合わせて使用すれば・・」と考えたのですが、「純正リモコンの主要58ボタン+学習登録2ボタン」の表示に心を動かされてAV-R340N-T (OHM;電池は附属せず。写真上)を入手しました(税込2,035円)。住処に帰って早速、AV-R340N-Tに単4形乾電池を2本入れ、軽く電源ボタンを押すだけで32ZP2がONとなり、CT-90381とほぼ、同様に使用できることが確認できました (^_^)

続きを読む


nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

43UN7400PJA の設置 [2. 道具(AV機器)]

P1250832-20201116s.jpg
43UN7400PJAの設置

 4Kテレビの43UN7400PJA(LGエレクトロニクス)を親族の家用に入手し、そちらで使用前に住処の4K放送の受信状況のチェックに使用したことを先のblogで書きました。そしてその親族の家に43UN7400PJAを移動しました。その家はネット環境が整備されていなかったため、ケーブルTVを導入して対応したことから、CATV用デジタルセットトップボックス(STB)のTZ-LS300P(Panasonic)経由でテレビ電波を受信となっています。
 それまで使用の26インチの液晶テレビのLC-26DE7(SHARP)から43UN7400PJA への接続替えは容易でした。なお、43UN7400PJA の内蔵スピーカーの音、悪くはないですが、音離れの良さからLC-26DE7を使用時と同様にCDレシーバのR-K711(Kenwood)を組合せ、43UN7400PJAはアナログのオーディオ出力は備えず、光角型端子となるため、光デジタルケーブル XN-115SAを入手して接続しました。そして26インチから43インチへの更新、視聴条件の2.5~3.5mで「見やすいサイズ」となりました (^_^)

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

43UN7400PJA を入手して住処の集合住宅の4Kの受信状況を確認 [2. 道具(AV機器)]

P1250708-20201110s.jpg
43UN7400PJA(LGエレクトロニクス)の箱

 「周波数変換システム方式(dCSS方式)」(DXアンテナ)について本blogで何度か、触れました。理由は私の居住するのは2K時代の集合住宅で、新4K8K衛星放送(3224MHz)にはTV共同聴視システムが対応できず、それに対応するにはかなりの費用がかかることが想定されたためでした(「受信システムハンドブック 2018」(JEITA)から伝送周波数の上限周波数は1350MHzと推定)。
 一方、住処のある集合住宅はケーブルテレビのJ:COM経由でテレビ電波を受信していて、導入時、ケーブルテレビの契約をしていましたが、その後、解約してしまったため、現在のJ:COMの4Kサービスの提供状況がわかりません。
 そこで定期的に通っている親族の家に設置の26インチの地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビのLC-26DE7(SHARP)では設置位置と見る位置が離れているため、「親族の家用に4Kテレビを調達し、それを持っていく前に住処のTV受信環境の実験を行おう」になりました。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「周波数変換システム方式(dCSS方式)」の発売(2020年7月20日) [2. 道具(AV機器)]

dxantenna-dCSS.jpg

 「周波数変換システム方式(dCSS方式)」の発売延期とするblogを3月に書きました。延期の理由として「中国に製造を委託している場合、新型コロナウイルスの影響があるなあ」、「CATVと共存できないシステムだからCATV業界からの圧力?」などと色々、考えてしまいました。そしてDXアンテナから「周波数変換システム方式(dCSS方式)」の 7月27日の発売が発表されていたことを知り、嬉しくなってしまいました (^_^)
 2018年12月1日より放送開始された4K8K放送は3,224MHzの放送周波数まで使用するため、2K時代の集合住宅のTVケーブルの周波数特性では対応できません(私の居住する集合住宅もこれに該当)。しかし、4K8K放送に対応するため、建物内の全てのTVケーブルを高い周波数特性のものに交換するには多額の工事費がかかり、工事中の居住者の負担も大きなものとなります。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 2. 道具(AV機器) ブログトップ