SSブログ
前の10件 | -

「歴史と戦争」 [本と映像・音楽の話]

P1400423-20220227s.JPG

 半藤一利氏の著書として「戦う石橋湛山 ― 昭和史に異彩を放つ屈伏なき言論 [新装版]」(2008年、東洋経済新報社)、「昭和史 1926-1945」(2009年、平凡社)、「昭和史 戦後篇 1945-1989」(2009年、平凡社)を蔵書しています。
 「幕末・明治維新からの日本近代化の歩みは、戦争の歴史でもあった。日本民族は世界一優秀だという驕りのもと、無能・無責任なエリートが戦争につきすすみ、メディアはそれを煽り、国民は熱狂した。過ちを繰り返さないために、私たちは歴史に何を学ぶべきなのか。「コチコチの愛国者ほど国を害する者はいない」「戦争の恐ろしさの本質は、非人間的になっていることに気付かないことにある」「日本人は歴史に対する責任というものを持たない民族」――八〇冊以上の著作から厳選した半藤日本史のエッセンス。」と内容紹介される 半藤一利 (著)「歴史と戦争」(2018年、幻冬舎)をBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で入手しました。
(税込470円→税込110円)

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「戦争で死ぬ、ということ」 [本と映像・音楽の話]

P1390816-20220212s.JPG

 ロシア軍のウクライナ侵攻のニュースに毎日接する現在を送っていて、「戦争、そして死が近くにある」という実感を持つようになりました。

 「戦争はリアルに語られているだろうか? 「大量殺人」の実態と,そこから必然的に生み出される「人間の感情」が見失われてはいないか? 自らも戦後生まれである著者が,自らの感性だけを羅針盤として文献と証言の海を泳ぎ,若い読者にも通じる言葉で「戦争」の本質を伝えるノンフィクション.未来をひらく鍵がここにある!」と内容紹介される 島本慈子 (著)「戦争で死ぬ、ということ」(2006年、岩波書店)をBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で入手しました。
(税込110円)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「「科学の目」で日本の戦争を考える」、「30代記者たちが出会った戦争 ― 激戦地を歩く」 [本と映像・音楽の話]

P1400919-20220316s.JPG

 『太平洋戦争』についてジャパンナレッジで閲覧できる日本大百科全書・国史大辞典・日本国語大辞典・世界大百科事典のサンプルページが公開されています。1894~1895年の日清戦争後に日本に割譲されて1895年に植民地支配された台湾1910年の韓国併合後の日本による朝鮮の植民地支配(台湾、朝鮮には皇民化政策がとられる)、1931年に満州事変を起こした日本の関東軍が中心となって中国の東北部に1932年に建国された満州国、太平洋戦争で香港占領、マレー半島占領、マニラ占領、シンガポール占領、インドネシア侵攻(ジャワ島占領)、フィリピン占領、ビルマ侵攻をしたこと・・。植民地時代だったとはいえ、ロシア軍のウクライナ侵攻から、「日本軍は当時、何を・・」と考えさせられます。そして ドイツと異なり、日本の施政者は他国に対する戦争犯罪を起こした人物などが合祀された靖国神社を参拝するなど、戦争犯罪に向き合っていないと思います。
 「戦争の性格は。戦争指導部の実態は。前線の兵士にとって、国民にとってどんな戦争だったのか ── 日本の戦争の真相を政府・軍部の公文書と動かし難い事実で解明、“戦争礼賛派はこの現実を見よ”と訴える。昨年の「赤旗まつり」講演に「南京虐殺」、「慰安婦」問題をふくむ詳細な注を加え、北条徹署名での“靖国史観”批判3論文(05年)も収録。」と内容紹介される 不破哲三 (著)「「科学の目」で日本の戦争を考える」(2015年、新日本出版社)をBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で入手しました。
 「戦後70年を機に先の戦争を振り返り,ガダルカナル,インパールなどで過酷な戦闘に加わった日本兵の証言を30代の若手記者8人が取材.日本兵たちが何をしたのか,どんな状況におかれ,そして生き延びてきたのかを現地の様子や自らの体験を織り込みながら戦地の実相を明らかにしていく.忘れてはならない記憶としてそれぞれの心に深く刻まれる.」とする共同通信社会部 (編)「30代記者たちが出会った戦争 ― 激戦地を歩く」(2016年、岩波書店)も同店で入手しました。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「東京が燃えた日 ― 戦争と中学生」 [本と映像・音楽の話]

P1440524-20220625s.JPG

 2008年のblog早乙女勝元 (著)「東京大空襲―昭和20年3月10日の記録」(1971年、岩波新書)について触れました。2014年のblog東京大空襲・戦災資料センターを訪れたことを書きました。そして2016年のblog東京都立横網町公園内の復興記念館を訪れたことを書きました。
 「四十余年前,東京はアメリカ軍の爆撃で全市街の半分以上が焼け,十何万人もの人命が失われました.他の主だった都市も同様に爆撃を受けました.当時,中学生だった早乙女さんは,恐ろしかった空襲の夜を想い起こし,克明に資料を集め,生き残った人々の話を聴きなどして,東京が燃えた日々をくわしく再現しました.」と内容紹介される 早乙女勝元 (著)「東京が燃えた日 ― 戦争と中学生」(1979年、岩波書店)をBOOKOFF 6号南柏店で入手しました。
 Web検索で早乙女勝元氏が2022年5月10日に90歳で逝去されたことを知りました。
(税込110円) 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「不死身の特攻兵 ー 軍神はなぜ上官に反抗したか」 [本と映像・音楽の話]

P1420795-20220521s.JPG

 8月12日のNHK 首都圏ネットワークの特集「まもなく戦後77年」の中で「東京・練馬区の光が丘公園から飛び立っていった特効兵たちがいました。その事実を、絵本作家・かこさとしさんが遺した原画からひもときます。」として成増飛行場(現在の練馬区の光が丘)が戦時中にあり、そこからB29に特攻する飛行機が飛び立っていたこと、その特攻の状況を描いたかこさとし氏の原画も展示される「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」(7月16日~9月4日、 Bunkamura ザ・ミュージアム)が紹介されました。NHK 戦争証言アーカイブスの「特攻」で様々な特攻で使用された飛行機や船などが紹介されていますが、B29への特攻については触れられていません。
 「日本の特攻が自爆攻撃として9.11などへつながっていったのではないか」という思いがあります。そして特攻に関して様々な書籍があります。
 「太平洋戦争末期に実施された”特別攻撃隊”により、多くの若者が亡くなっていった。だが、「必ず死んでこい」という上官の命令に背き、9回の出撃から生還した特攻兵がいた。その特攻兵、佐々木友次氏に鴻上尚史氏がインタビュー。飛行機がただ好きだった男が、なぜ、絶対命令から免れ、命の尊厳を守りぬけたのか。命を消費する日本型組織から抜け出すには。(略)」と内容紹介される鴻上尚史 (著)「不死身の特攻兵 ー 軍神はなぜ上官に反抗したか」(2017年、講談社)をBOOKOFF 6号松戸馬橋店で入手しました。
(税込110円)

続きを読む


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PRO TREK PRW-1000 (CASIO ) の"OPEN"表示 [2. 道具(その他)]

P1450856-20220810s.JPG

 CASIO PRO TREKシリーズのPRG-330-4AJFを入手したことを7月のblogで書きました(写真下)。
 それまで使用の「小型アンテナを搭載 初の電波ソーラー化を 実現」とするPRO TREK PRW-1000の汚れが気になって洗った後、表示をみたところ、上の写真のように上段に "OPEN" と表示され、ボタン類が反応しなくなっていました。
 "OPEN"表示から抜け出す方法をWeb検索し、修理方法が紹介されているのを見つけました。「現在の優先順位の高い作業が一段落したら・・」にしました。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ScanSnap S1500(FUJITSU)とMFC-J6997CDW (brother) [2. 道具(PC)]

P1450859-20220811s.JPG

 ボランティア活動で上の写真のA4判の約750枚、両面・片面印刷の組合せの約1250ページのpdf化を引き受けました。
 住処で両面印刷のpdf化に対応する機器としてScanSnap S1500(Fujitsu)とMFC-J6997CDW (brother)があり、2019年のMFC-J6997CDW導入後、ScanSnap S1500は休眠状態となりました。ScanSnap S1500の読取速度(A4縦)は両面・片面 20枚/分。これに対してMFC-J6997CDW のスキャン速度(A4)はカラー・モノクロで最速2.7秒(片面、両面ともに)で計算上22.2枚/分でMFC-J6997CDW の読み取り速度が速いといえます。しかし、「久しぶりにScanSnap S1500を使ってみよう」となり、作業を始めたところ、2枚送りが何度も発生し、原稿の皺などを直しても状態は改善せず、「これではいつ作業を終えられるかわからない」となりました。そこでMFC-J6997CDWでpdf化の作業を始め、休憩時間を含んで約8時間でpdf化が完了しました(作業中、1度だけ、原稿の給送でトラブルが生じましたが、その後、原稿の紙の状態をチェックすることで再発はありませんでした)。

【ScanSnap S1500の部品交換は】
 ScanSnap S1500の入手は2010年で「ScanSnapの消耗品(ローラーセット)は、交換時期がきたら交換します。交換の目安は、以下のとおりです。「1) スキャンした枚数200,000枚ごと、2) 使用期間1年ごと。スキャンした枚数または使用期間のどちらかが先に到達したタイミングで、消耗品を交換してください。」が示されています。「ScanSnap S1500の消耗品の交換方法は・・、価格は・・」と調べましたが、「MFC-J6997CDWを使用している現在、ScanSnap S1500は休眠状態としておくことが合理的かな・・」になりました。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ThinkPad E495でミュートを解除できない現象と回復 [2. 道具(PC)]

P1190323-20200122s.jpg

 ThinkPad E495(lenovo;写真上)が私のところにやってきて約2.5年が経ちました。その間、2月のblogのようにWindows 11へのアップグレードもしました。先日、ミュートした記憶がないのに音がでなくなっていました。そこで音量設定する画面からミュートの解除を試みましたが、解除できません。Web検索して Microsoft コミュニティで記載の内容などもチェックしましたが、解決に至りませんでした。そこでThinkPad E495内蔵のスピーカーからの音出しはあきらめて、ヘッドフォンを接続して使っていました。
 その状態から1週間ほどしてThinkPad E495をPOWER ONしたところ、起動音がして「何もしていないのに回復?」となりました。音量設定のウィンドウを確認したところ、音量設定の画面でのミュートが解除されていました。「何かのWindows Updateの影響だったのかな・・」となっています。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日航機墜落事故から37年 [3. 記事]

P1340780-20210814s.jpg
飯塚訓 (著)「墜落現場 遺された人たち」(2001年、講談社

 1985年8月12日午後6時56分、日航ジャンボ機が墜落(リンク先はNHK放送史)のニュースを聞き、墜落現場の状況がわからないことに「どうなっているのか・・」となり、新聞の他、当時、通っていた喫茶店で墜落事故に関する記事を掲載した週刊誌を目にする度にその記事を読んでいたことを思い出します。あの日から37年・・

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「第11回 戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭」(2022年8月10日~14日、スターツおおたかの森ホール) [展示会、セミナー、博物館等]

P1450867-20220811s.JPG

 8月11日のNHKニュース「おはよう日本」から、「第11回 戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭」が8月10日~14日、流山市の「スターツおおたかの森ホール」で開催中で、プログラムとして「いま聞いてほしい被爆者からの声 ~ 山本宏さんによる被爆証言」(江戸川被爆者団体「親江会」会長)が8月11日 11:00~12:00にあることを知り、「この機会を逃してはいけない。聴講に・・」となって会場へ行きました。
 1980年代、原子炉解体の技術開発プロジェクトに携わり、広島平和記念資料館へも行きましたが、原爆の被害について積極的に情報収集することはしていませんでした。そして最近になって本blogで紹介するように広島、長崎の原爆の被害などに関する書籍を入手するようになりました。聴講していて講演で伝えられることは講演者の経験の一部であり、様々な原爆関係の書籍も一部にしかその被害を伝えられないことを改めて認識させられました。講演で滝野公園江戸川原爆犠牲者追悼碑を紹介されていて「行かねば・・」という気持ちになりました。また、昨年のblogで広島に投下の「リトルボーイ」の模型が「親江会」に引き継がれたことを書きましたが、そのことも触れられていてblogのことを思い出しました。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -