SSブログ
前の10件 | -

16cmの 片手鍋 ANNONS(IKEA)を入手 [2. 道具(その他)]

P1310466-20210425s.jpg
空焚き後の片手鍋 (T_T)

 ガスレンジを用いて片手鍋でお湯を沸かし始め、メールのチェックを同時に始めたところ、メールに集中してしまったようで異臭に気付いてガスレンジを見たら・・、「やってしまった!」で空焚きをしていました (T_T)
 そこでIKEA新三郷店へ行き、「ガラス蓋付の16cmの片手鍋で手頃な価格のものはないか」とクッキングのエリアを物色してANNONS 片手鍋が目に入りました。鍋底はアルミニウムの中間層をステンレススチールではさんだ3層構造とのことで「これまで使用のステンレスの16cmの片手鍋(深絞りで鍋底はステンレスの単層構造)より構造的に工夫されている」で入手しました(599円)。
 鍋底が3層構造になっているためか、重量バランスもよく、安心して使えます (^_^)


続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

文庫と新書を収納する段ボール箱について [2. 道具(その他)]

P1310907-20210509s.jpg

 2月のblogで本棚LAIVA ライヴァ(IKEA)を入手して積読の山を収容したことを書きました。しかし、その後も積読の山は高くなるばかり・・ (^_^;
 「段ボールを入手して少し整理・・。まず、文庫本と新書を」と考えてWeb検索し、文庫は105mm×148mm、新書判は105mm×173mmを頭にいれてスーパービバホーム三郷店へ行き、段ボール箱のコーナーを物色して次の段ボールを見つけ、「No.110は新書を3列並べていれられるかな。No.115は文庫を立てれば450mm方向に4列で収納できるかな」で前者を5枚,後者を3枚購入してきました。

  No.110 内寸法:325 x 175 x 175 mm、容積:10L
  No.115 内寸法:450 x 300 x 150 mm、容積:20.3L

 しかし、No.110に新書を入れ始めて想定していた3列入らないことに気付きました。再度、Web検索し、rakutenのサイトに、新書判は105mm×173mmが標準で岩波新書はこれに準じますが(但し、カバー付での実測は107mm×174mm)、高さ方向はポプラ新書の175mmが最大で、ほぼ、173mmのものが多い一方、幅は幅広のブルーバックスの112mmは理解していましたが、文春新書や中公新書の幅109mmなど、一定でないことを知り、「中公新書などもあるから325mmに納まらないのは当然か・・。岩波新書などの105mm幅を中心に収納しよう」となりました。
 文庫サイズは「A6判(105mm×148mm)」が標準とされ、短辺は共通ですが、長辺はそれに従じた岩波文庫と講談社文庫から、集英社文庫と光文社文庫の152mmまであることを知りました。なお、No.115の高さ方向は若干、余裕があるようで152mmの文庫も入れることができました。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「なぜアマゾンは1円で本が売れるのか―ネット時代のメディア戦争」、「ブックオフと出版業界」 [本と映像・音楽の話]

P1310777-20210501s.jpg

 COVID-19対応の2020年の第1回の非常事態宣言による移動自粛から神田神保町古書店街へいけなくなり(店舗休業もありましたが)、食料品買出しで利用のイトーヨーカドー流山店の3階にあるBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店のCDコーナーや書籍コーナーに立ち寄ったのがブックオフを利用する始まりでした。そして最近は「何か、面白い本がないかな」と出先の近くのブックオフの店舗もチェックするのが習慣化してしまいました (^_^;
 武田徹(著)「なぜアマゾンは1円で本が売れるのか―ネット時代のメディア戦争」(2017年、新潮社)をBOOKOFF 16号柏沼南店で入手しました。(税込370円→税込110円)
 小田光雄(著)「ブックオフと出版業界」(2000年、ぱる出版)があるのを知り、「なぜアマゾンは1円で本が売れるのか―ネット時代のメディア戦争」の第二章の「なぜ本が1円で売れるのか」に対応しますが、Amazonで1円(送料別)で販売されていた「ブックオフと出版業界」を注文し、届きました。2000年に出版の本で、Web検索する中で2009年にブックオフ株が複数の出版関係の企業に譲渡など、それから12年を経た現在、さらに変化していることと思いますが、出版業界の厳しさを感じています。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「フェルメール全点踏破の旅」、「フェルメール 作品と画家のとっておき知識」、「図説 挑発の画家 フェルメールの謎と魅力」 [本と映像・音楽の話]

P1000112-20210101s.jpg

 朽木ゆり子(著)「フェルメール全点踏破の旅」(2006年、集英社)を「2018年 神保町さくらみちフェスティバル ~春の古本まつり~」で入手したことをblogに書いてから3年経ってしまいました。「神田古本まつり」はCOVID-19対応で中止されています (T_T)
 千足伸行(監修)「フェルメール 作品と画家のとっておき知識」(2018年、河出書房新社)、そして西永裕(著)「図説 挑発の画家 フェルメールの謎と魅力」(2019年、秀和システム)をBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で夫々、別の日に入手しました。(前者は税込210円、後者は税込1,380円→税込690円→税込220円)
 「図説 挑発の画家 フェルメールの謎と魅力」はその謎解きのような解説が興味を掻き立ててくれます。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「リモートワークの達人」 [本と映像・音楽の話]

P1310864-20210507s.jpg

 厚生労働省より下の「HOW TO テレワークリーフレット」が提供されています。
 ただ、「誰がテレワークを実現するための設備などの費用を負担するのか?」、(先のblogで触れた)「セキュリティ対策は?」、「労働時間の管理は?」、そして「そもそも論」となりますが、「その仕事はテレワークで処理できるか?」など、現実を考えるとリモートワークの実現は単純ではありません。
 JASON FRIED & DAVID HEINEMEIER HANSSON (原著)、高橋璃子(訳)「リモートワークの達人」(2020年、早川書房)がBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で目に入り、「どんなことが書かれているかな」と気になって入手しました。(税込570円→税込110円)
 原書は "Remote: Office Not Required" (2013, Vermilion)で「政府主導によるリモートワークの推進があるからある程度、販売数量が・・」という出版企画の裏事情を想像してしまいました (^_^;

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「サイバーセキュリティ」、「セキュリティの神話」 [本と映像・音楽の話]

P1310850-20210505s.jpg

 JAXAなどへのサイバー攻撃HOYAの米子会社鹿島建設の海外グループ会社へのサイバー攻撃による機密情報流出など、気のせいか、サイバー攻撃に関するニュース(リンク先はNHK NEWS WEB)が増加しているように思えます。
 日本では2014年にサイバーセキュリティ基本法が制定されました。ただ、その条文を読んでいると「サイバーセキュリティ戦略本部という新しい組織*を置くための裏付けとするための法では」(*:行政職が喜ぶ役職数の増につながる)という気がして・・
 商務情報政策局は「今後のサイバーセキュリティ政策について」(平成28年3月)の中で次の「我が国のサイバーセキュリティにおける課題」を指摘しています。これを読んでいると官僚の「現場を軽視」してきた結果が招いた状況と思われてなりません。

○ 我が国の重要インフラ・防衛産業等の重要産業を守るサイバーセキュリティは、中核的な推進機能が欠けており、エコシステムが無い状況。実践力のある人材も圧倒的に不足しており、各企業・機関が個別に対応することに限界がある。
○ 我が国においては、国がリーダーシップをとりつつ産業界と連携し、必要な対策を特定するとともに、サイバーセキュリティ対策のニーズを見える化することで、対策の循環を生み出していくことが必要ではないか。
 
 菅首相の目玉政策として「デジタル庁」構想がありますが、サイバーセキュリティと切り離して考えることはできません。「日本の悪弊である省庁の縦割の中でどうなるか・・」と考えてしまいます。
 サイバーセキュリティと経営戦略研究会(編)「サイバーセキュリティ」(2014年、NTT出版)がBOOKOFF 16号柏店で目にとまりました。サイバーセキュリティ基本法の制定を横に見ながら企画・発行された本だと思います。もう7年前に出版された本ですが、何が書かれているか気になり入手しました。(税込520円→税込110円)


続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「JISにもとづく機械設計製図便覧 [第11版]」を入手して理工学社の解散を知る [本と映像・音楽の話]

P1310412-20210418s.jpg

 2011年のblog、私が機械設計を行っていた時のことを思いだして書きました。渡辺秀則(著)「機械設計心得ノート―ベテラン設計者になる近道」(1983年、日刊工業新聞社)、渡辺秀則(著)「続・機械設計心得ノート―ベテラン設計者のノウハウ集 」(1988年、日刊工業新聞社)、そして大西清(著)『JISにもとづく機械設計製図便覧』(私が使用していたのは [第4版]か [第5版]、理工学社;リンク先はオーム社の第12版)など、多くの本に助けられて設計を行うことができました。
 大西清(著)「JISにもとづく機械設計製図便覧 [第11版]」(2009年、理工学社 *)をBOOKOFF 6号南柏店で目にし、帯が理工学社でなく、オーム社と表示されているのに気づき、「?」となり、理工学社が2013年7月20日で解散したことを知りました。新機械工学便覧編集委員会(編)「新機械工学便覧 [改訂版]」(1982年、理工学社)は設計をしていた時、常に近くに置いていた本で、伊藤茂(編)「機械の素・改題縮小版 メカニズムの事典」(1983年、理工学社)は「機構を考える上で必要な知識」と読む等、理工学社の様々な本のお世話となりました。土木工学ポケットブック編集委員会(編)「土木工学ポケットブック」(1980年、山海堂)などでお世話になった山海堂が2007年に解散したことを知った時と同様・・ (T_T) 

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「最後の講義「大学学長 出口治明」」と「人生を面白くする 本物の教養」 [本と映像・音楽の話]

P1310762-20210501s.jpg

 5月3日は憲法記念日(リンク先は憲法全文を掲載のBusiness Insider Japan)。2019年の憲法記念日はポレポレ東中野で上映の「誰がために憲法はある」を観にいったことをblogに書きました。しかし、昨年に続き、今年もCOVID-19への対応で・・ (T_T)
 憲法に関する議論を否定するつもりはありませんが、今は生存権を脅かされている方達を至急支援する取り組みを政治、行政が行うことを強く求めたいです(神戸新聞の記事)。
 5月3日 5:10~5:40、NHK総合で最後の講義「大学学長 出口治明」が放送されました。昨年、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明氏のことを少し知ることになったNHK BS1で放送の番組の再放送でした。見逃し配信されていますので見逃した方、ご覧ください(NHK総合で5月4日 5:10~5:40に最後の講義「社会学者 上野千鶴子」、5月5日 5:10~5:40に最後の講義「物理学者 村山斉」が放送されます。ご関心ある方、視聴ください)。また、この番組の講義内容は未放送分を加えて出口治明(著)「最後の講義 完全版 適応力 新時代を生き抜く術」(2021年、主婦の友社)として書籍化されています。
 出口氏の「1万冊超の本を読んだ」に対し、積読の山を高くしているだけの私は・・
 出口治明(著)「人生を面白くする 本物の教養」(2015年、幻冬舎)を先般、BOOKOFF 豊田下林店で目にしてNHK BS1で見た番組を思いだし、入手しました(税込460円→税込110円)。本書の第1章に書かれた「(略)教養とは、この人生のPDCAサイクルを動かすためのツールです。たんに知識が豊富、物知りだというだけでは、ただの知識オタクにすぎません。(略)」は「できる限り現場を見て分析することが重要」と考えている私も同感です。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡崎市六供配水場の配水塔、そして岡崎市民会館 [旧い建築物]

P1310512-20210428s.JPG

 特別企画展「ユーリ・ガガーリン物語」(3月20日~5月17日、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館)へ行ったことを先のblogで書きました。その前日、岡崎市のある事務所へ行くのに予定時間より早く到着したため、「近くを散策」で岡崎市民会館に駐車させていただき、その近くを散策しはじめました。
 そして丘の上に上の写真の円筒形の旧そうな建物が目に入りました。旧い建築物を見るのが好きなことから、ワクワクしながら坂を上がって近くへいき、1934年に建てられて現在も使用されている岡崎市六供配水場の配水塔であることがわかりました。配水塔の前側はWeb検索して「景観重要建造物である配水塔の眺望を楽しむことができるとともに、地域の皆様が安全に楽しく過ごすことのできる公園としてご利用いただけるように」として2019年4月3日にオープンの六供浄水記念公園とわかりました。なお、公園部分は2012年に役目を終えた六供浄水場の敷地を利用したようです。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

越谷レイクタウン献血ルーム、LakeTown OUTLET 10th Anniversary [3. 記事]

P_20210501_161949ss.jpg

 昨年の5月2日、越谷レイクタウン献血ルームへ行き、献血したことをblogにしました。当時は4月7日に第1回目の緊急事態宣言が東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に発出された後で(首都圏1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除されたのは5月25日)、越谷レイクタウン献血ルームのあるイオンレイクタウンmoriのイオン(総合スーパー)/イオンスタイルは営業していましたが、専門店街は「4月8日より当面の間」として臨時休館、イオンレイクタウンkazeの専門店も臨時休館、レイクタウンアウトレットも臨時休館となっていました。
 日本赤十字社の関東甲信越ブロック血液センターの新着ニュース(2021年4月26日)で「(略)関東甲信越地域では、2月14日~4月17日の計9週間において、400mL献血者数が必要人数2万9,275人に対し、実積2万694人となり、献血者の減少が続いています。(略)」が伝えられ、私の献血可能日が5月1日となっていたため、早速、越谷レイクタウン献血ルームへ行って400mL献血しました。
 今年のイオンレイクタウンは通常営業(但し、フードコート、レストラン街などの閉店時間は20:00などがあり)で皆さん、マスクを装着されていますが、人の流れはCOVID-19前と変わらないように思えました。


続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -