SSブログ

「第1回量子コンピューティング EXPO【春】」と「量子コンピュータが人工知能を加速する」 [本と映像・音楽の話]

P1300917-20210407s.JPG

 「第5回 AI・人工知能EXPO【春】」(2021年4月7~9日、東京ビッグサイト 青海展示棟)の会場へいってきました。「第1回量子コンピューティング EXPO【春】」も同時開催で「量子コンピューティングの展示会が開催される時代になったんだ」と各社のブースを見てきました。その中にエレコムのブースもあり、発表されたばかりの量子FPGAボードを見ることができました。
 西森秀稔・大関真之(著)「量子コンピュータが人工知能を加速する」(2016年、日経BP)をBOOKOFF 埼玉三郷店で以前、入手しましたが(税込210円)、積読状態になっていて「読まねば!」です (^_^;

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2020年度に入手した撮影機材 [2. 道具(カメラ)]

P1270666-20201219s.jpg
LUMIX DC-FZ85(Panasonic)とレンズアダプターDMW-LA8(Panasonic)。右は保有のテレコンバージョンレンズTCON-17X (Olympus)

 2019年度はデジタルカメラ本体の購入はなく、PENTAX K-5IIs用に円周魚眼レンズ4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM(SIGMAのアウトレットセールスを利用)などの入手にとどまりました(blog)。
 2020年度はFinePix HS50EXRが不調となり、修理対応される年数を超えていたことから、その後を継ぐ高倍率ズームレンズのカメラとしてLUMIX DC-FZ85(Panasonic)を入手しました。それは「しかたないね」なのですが、PENTAX KPの販売終了を知ってヨドバシアウトレット京急川崎で調達し、更に気になっていたHD DA55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR REを入手してしまいました (^_^;

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

"Aerial Boundaries" [本と映像・音楽の話]

P1300889-20210405s.jpg

 3月31日午後6時台、運転しながらNHK FMを聴き始めたところ、夜のプレイリスト「Aerial Boundaries」としてギタリストのMichael Hedgesのアルバム "Aerial Boundaries" の収録曲が紹介されていました。ギターのオープンチューニング奏法は2020年のblogのようにJoni Mitchellの作品から知りました(知った当時、その奏法を試みましたが・・ (^_^;)。そしてMichael Hedgesによる演奏の素晴らしさを実感しました。
 "Aerial Boundaries"のアルバムが欲しくなり、Amazonでポチッをし、届きました。JBL 4408AR-K711(KENWOOD)の組合せで早速、音出しし、自動車の中でのながら聴きと異なり、一音一音が迫ってくるようで「入手してよかった (^_^)」になりました。
 Web検索してYouTubeでMichael Hedges演奏の映像があり、ピックアップを組合わせたギターの演奏から「この音で録音できているのはピックアップの効果」と納得しました。また、YouTubeにハープギターを演奏の映像もあり、ハープギターが気になってしまいました(現在、ギターにほとんど触れていない状況で、高価なハープギターを仮に入手できたとしても「飾っておくだけ」という姿が見え見えですが・・ (^_^;)

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上野東照宮 [日本の風景]

P1300751-20210404s.jpg

 先のblogのように上野恩賜公園の桜を見た後、上野東照宮 へ行きました。
 「春のぼたん祭」は4月10日~5月9日とのことです。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上野恩賜公園の桜 [日本の風景]

P1300715-20210404s.jpg

 国立科学博物館で開催の企画展「小惑星探査機「はやぶさ2」-小惑星リュウグウからのサンプルリターン-」(2021年3月27日~4月11日)へ行ったことを先のblogで書きました。午後4時からの入館予約で「少し早くでかけて上野恩賜公園の桜を見よう」で午後3時頃に上野駅に到着しました。
 予想どおり上野恩賜公園のほとんどの桜の花(ソメイヨシノ*)は散っていましたが、所々、他の品種の桜の花が満開なのをみることができました。そして2015年4月2日の上野恩賜公園で花見を楽しむ方たちの姿をblogにしたことを思いだしました。

*Weathernews の「上野恩賜公園の桜」ソメイヨシノヤマザクラカンザンカンヒザクラの種類で800本あることが紹介されています。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「アニメージュとジブリ展」(2021年4月15日~5月5日、松屋銀座)、「文化の杜」他 [日本の風景]

P1300690-20210404s.jpg

 先のblogのように国立科学博物館へいくために日比谷線の上野駅を降り、地下通路を歩いていたところ、上の「アニメージュとジブリ展」(2021年4月15日~5月5日、松屋銀座)の大型ポスターが目に入りました(この分野の好きな方の参考に)。
 さらに進み、”Ginza Line Archive #2”としてスクラッチタイルに透明のカバーか施されているのに気づきました。"Ginza Line Archive #1"は銀座線上野駅に使用されていた回転改札(10銭硬貨を入れて通行)とのことです。「今度、見てみよう!」になりました。
 案内所の先に文化の杜路」として上野近くの歴史的建造物が壁面に紹介されていました。今まで気づかず通り過ぎていたのですが、2020東京オリンピックを機に上野周辺を盛り立てようと企画されたもののようです。
 アメ横を交差点を挟んで見ましたが、それなりの人出のようでした。
 上野恩賜公園近くの歩道で「共同親権制度」への移行を訴えている方達の姿を見ました。2月17日、東京地裁で離婚後の単独親権は合憲とする判決がありました(離婚後も父母双方が親権を持つ「共同親権」を認めるかについては、「国会の裁量権に委ね、その行使を待つ段階」と付言;朝日新聞デジタル)。3月31日、未成年の子どもを育てる「監護者」に家庭の事情で父母に代わって祖父母がなれるかが争われた審判で、最高裁判所が父母以外の第三者は監護者になる申し立てができないとする最高裁の判決がありました(NHK)。強制的「単独親権」の日本に対して多くの国は選択的「共同親権」となっています。子どものしあわせを第一に法律が改正されることを願います。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

企画展「小惑星探査機『はやぶさ2』 -小惑星リュウグウからのサンプルリターン-」(2021年3月27日~4月11日、国立科学博物館) 他 [展示会、セミナー、博物館等]

P1300768-20210404s.jpg

 2010年のblog「はやぶさ」の回収カプセルの展示を見に筑波宇宙センターへいったことを書きました。そして「はやぶさ2のカプセルを見たい!」となりました。
 相模原市立博物館で開催の「「はやぶさ2」帰還カプセル公開展示」(2021 年3月12~16日)は見に行くことができませんでしたが、「国立科学博物館での展示を見よう」になっていて企画展「小惑星探査機「はやぶさ2」-小惑星リュウグウからのサンプルリターン-」(2021年3月27日~4月11日)が開催となり、4月4日午後4時からの入場が「4人可」(20分毎に120人を割り当て)で予約して見にいきました。企画展をとても楽しめ、今後の研究成果の発表も楽しみです。また、「企画展で展示している映像資料等の一部をご紹介しています。会場にて見学待機列にお並びの際や、ご自宅でお楽しみください。」として会期内限定ですが、Webサイトから主に映像などを視聴できることを確認しました。
 「はやぶさ2」の企画展とともに企画展「東日本大震災から10年-あの日からの地震研究- 」(2021年3月9日~4月11日)、企画展「メタセコイア -生きている化石は語る」(1月26日~4月4日)も見ました(最終日に間に合いました)。企画展「東日本大震災から10年」ではS-netの観測装置をみることもできました。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「船の最新知識」 [本と映像・音楽の話]

P1270306-20201130s.jpg

 森隆行(著)「外航海運とコンテナ輸送」(2003年、鳥影社)について書いたblogの中でスエズ運河での400m長のコンテナ船の座礁について触れました。座礁したコンテナ船EVERGREENは3月30日に「船体の離礁に成功」、4月4日に座礁のために待機していた422隻の船舶が通過したことが報じられました。
 池田良穂(著)「船の最新知識」(2008年、SBクリエイティブ)をBOOKOFF 6号南柏店で以前、入手しました(税込370円→税込110円)。本書の「日本の船主が集中しているのは「愛媛県の今治」」、「船の操船は舵の利かない低速時の方が難しい」等の解説を読みながらニュースの中で疑問に感じたことや推測したことを確認しました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと」 [本と映像・音楽の話]

P1270595-20201214s.jpg

 NHK総合で3月2日放送のニュースウオッチ9の特集の「スーパーチューズデー ホワイトハウスへの道」の中でサンフランシスコのホームレスの方達の姿が伝えられていました(NHKの関連記事に「「ホームレス57万人」の衝撃」があります)。それはSan Francisco Bay Areaの南部に位置しているSanta Clara Valleyおよびその周辺地域の名称とされるSilicon Valleyの経済的な活況の影響からもたらされたもの・・。サンフランシスコへは何度か行きましたが、「花のサンフランシスコ」(San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair))は消え去ってしまったことを感じました。
 宮地ゆう(著)「ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと」(2016年、朝日新聞出版)をBOOKOFF 埼玉三郷店で見つけ、入手しました(税込210円)。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「なぜマイクロソフトはサイバー攻撃に強いのか?」、「インターネット・セキュリティとは何か」 [本と映像・音楽の話]

P1240991-20201004s.JPG

 独立行政法人 情報処理推進機構主催の「産業サイバーセキュリティシンポジウム2021~サイバーセキュリティの強化・人材育成の重要性~」が2021年5月7日(金)13:30-18:00に開催されます。ホテルメトロポリタンエドモントの会場で100名、オンライン(ZOOMを予定)で200名の定員とのことです。ご関心ある方、お申込みください。
 「企業やインフラへのサイバー攻撃 専門人材育成し対応策強化へ」(4月3日、NHK NEWS WEB)で「去年1年間に国内で確認されたサイバー攻撃に関係するとみられるサーバーなどへのアクセスは1日当たり6506件と、おととしの1.6倍」(警察庁)が報じられていて「気を抜いてはいけない」となりました。
 香山哲司(著)「なぜマイクロソフトはサイバー攻撃に強いのか?」(2013年、技術評論社)をBOOKOFF SUPER BAZAAR イトーヨーカドー流山店で入手しました(税込210円)。書名は出版社の専権事項であり、目を惹く一方、ちょっと「?」な書名なのですが、下記の目次のように内容はサイバー攻撃に対する知識の整理で参考になる本と思います。なお、サイバー攻撃に関する本は新刊が継続的に発行されているようで「こんな世界になってしまったのか・・」です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー