SSブログ

「アニメージュとジブリ展」(2021年4月15日~5月5日、松屋銀座)、「文化の杜」他 [日本の風景]

P1300690-20210404s.jpg

 先のblogのように国立科学博物館へいくために日比谷線の上野駅を降り、地下通路を歩いていたところ、上の「アニメージュとジブリ展」(2021年4月15日~5月5日、松屋銀座)の大型ポスターが目に入りました(この分野の好きな方の参考に)。
 さらに進み、”Ginza Line Archive #2”としてスクラッチタイルに透明のカバーか施されているのに気づきました。"Ginza Line Archive #1"は銀座線上野駅に使用されていた回転改札(10銭硬貨を入れて通行)とのことです。「今度、見てみよう!」になりました。
 案内所の先に文化の杜路」として上野近くの歴史的建造物が壁面に紹介されていました。今まで気づかず通り過ぎていたのですが、2020東京オリンピックを機に上野周辺を盛り立てようと企画されたもののようです。
 アメ横を交差点を挟んで見ましたが、それなりの人出のようでした。
 上野恩賜公園近くの歩道で「共同親権制度」への移行を訴えている方達の姿を見ました。2月17日、東京地裁で離婚後の単独親権は合憲とする判決がありました(離婚後も父母双方が親権を持つ「共同親権」を認めるかについては、「国会の裁量権に委ね、その行使を待つ段階」と付言;朝日新聞デジタル)。3月31日、未成年の子どもを育てる「監護者」に家庭の事情で父母に代わって祖父母がなれるかが争われた審判で、最高裁判所が父母以外の第三者は監護者になる申し立てができないとする最高裁の判決がありました(NHK)。強制的「単独親権」の日本に対して多くの国は選択的「共同親権」となっています。子どものしあわせを第一に法律が改正されることを願います。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

企画展「小惑星探査機『はやぶさ2』 -小惑星リュウグウからのサンプルリターン-」(2021年3月27日~4月11日、国立科学博物館) 他 [展示会、セミナー、博物館等]

P1300768-20210404s.jpg

 2010年のblog「はやぶさ」の回収カプセルの展示を見に筑波宇宙センターへいったことを書きました。そして「はやぶさ2のカプセルを見たい!」となりました。
 相模原市立博物館で開催の「「はやぶさ2」帰還カプセル公開展示」(2021 年3月12~16日)は見に行くことができませんでしたが、「国立科学博物館での展示を見よう」になっていて企画展「小惑星探査機「はやぶさ2」-小惑星リュウグウからのサンプルリターン-」(2021年3月27日~4月11日)が開催となり、4月4日午後4時からの入場が「4人可」(20分毎に120人を割り当て)で予約して見にいきました。企画展をとても楽しめ、今後の研究成果の発表も楽しみです。また、「企画展で展示している映像資料等の一部をご紹介しています。会場にて見学待機列にお並びの際や、ご自宅でお楽しみください。」として会期内限定ですが、Webサイトから主に映像などを視聴できることを確認しました。
 「はやぶさ2」の企画展とともに企画展「東日本大震災から10年-あの日からの地震研究- 」(2021年3月9日~4月11日)、企画展「メタセコイア -生きている化石は語る」(1月26日~4月4日)も見ました(最終日に間に合いました)。企画展「東日本大震災から10年」ではS-netの観測装置をみることもできました。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0)