So-net無料ブログ作成

LANアダプタ内蔵3ポートUSB2.0ハブでスティック型PCのMS-NH1が復活 [2. 道具(PC)]

P1120127-20190908s.jpg
左側のMS-NH1にUSB-HLA306BKN(SANWA)を組合せてトラブル回復作業

 スティック型PC MS-NH1(mouse computer)のWindows 10のWindows Update (バージョン1903)の直後、ワイヤレスLANが使えなくなって困っている方へ「参考となれば」で事例紹介します。

■ 私のMS-NH1
 MS-NH1を入手してLDの32型液晶テレビ32ZP2(TOSHIBA)と組合せ、LDのオーディオでネットワークラジオやYouTubeも楽しめるようにしたことをblogに書いたのは2015年1月のことでした(blogをベースに"MS-NH11 notes" と題する電子本もまとめてしまいました)。

■ MS-NH1のWindows 10のUpdate
 MS-NH1のOSはWindows 8.1 with Bing 32ビットで、住処のPCをWindows 10化する際の最初のPCとなり、その手順を理解させてくれました(2016年6月のblog)。LaVie Light BL350/CW6(NEC ; 2010年9月16日発売;2MBにメモリ増設の改造)はblogのようにWindows 10にするも操作性が低下したように感じてWindows 7に戻しましたが、他のPCは全てWindows 10となり、MS-NH1を除いてMay 2019 Update(バージョン1903)を行いました。
 MS-NH1のWindows Updateを行った後、バージョン1903への対応の表示がでたことから、「MS-NH1もMay 2019 Updateを」になりました。MS-NH1は普段、液晶テレビ32ZP2と組み合わせていますが、May 2019 Updateには時間がかかることから休眠中のHDMI接続対応のPCディスプレイLCD-MF221X(I・O DATA)に接続して作業開始しました。夜寝る前にダウンロードを開始し、朝、再起動などの処理を行ったため、アップデートの所要時間はわかりませんが、半日作業となることの覚悟は必要そうです(下は1903のダウンロード中の画面)。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー