So-net無料ブログ作成

”Killing Me Softly With His Song”を久し振りに聴く [本と映像・音楽の話]

RobertaFlackWeb-s.jpg

 8月22日、運転しながらNHK FMで「音楽遊覧飛行 ▽ふるさとのうた 心の旅 ~リクエスト+ちょっと気ままに~」(8月15日午前9時20分~午前10時00分放送の再放送)を聴きました。その中にRoberta Flack(ロバータ・フラック)の”Killing Me Softly With His Song”(「やさしく歌って」、1973年)もありました。ドラムスのバスドラムを刻む音、エレクトリックベース、エレクトリックピアノ、そしてRoberta Flackのボーカルとバックコーラス。シンプルなアレンジですが、今でも新鮮に感じました。
 近年の日本の流行曲は1小節の中に如何にたくさんの音数を入れるかの競争的で「メロディラインの美しさ」や「間」というものに無関心なものが少なくないように感じます。また、「あの曲のメロディの一部を変えたのかな・・」と思えるコード進行が類似の独創性に欠けるもの、アニメソングの影響(以前のテレビアニメで流された曲は曲の流れとして無理なものも・・)、私が16, 17才の頃に作っていた自己満足的な無理なコード進行の曲( (^_^; )を思い出させるものが「取り敢えず、リズムを前面に出して胡麻化せば分からない」的にアレンジされて流れているように感じます。そしてそれらを聴くと「虚しい」 という気持ちに・・

----------
音楽遊覧飛行 ▽ふるさとのうた 心の旅 ~リクエスト+ちょっと気ままに~ - NHK
https://www4.nhk.or.jp/yuran/x/2019-08-15/07/69986/4809540/
Roberta Flack - Singer, Songwriter, Musician
http://www.robertaflack.com/
第25回 Killing Me Softly With His Song(1973, 全米No.1, 全英No.6)/ ロバータ・フラック(1939-) | 歴史を彩った洋楽ナンバー ~キーワードから読み解く歌物語~(泉山 真奈美) | 三省堂 ことばのコラム
https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/column/yogaku25
【ロバータ・フラック「やさしく歌って」】 時代を超えて、人はなぜこの曲に癒されるのか? | 今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内 | ダイヤモンド・オンライン
https://diamond.jp/articles/-/53022?page=4
ロバータ・フラック やさしく歌って Roberta Flack Killing Me Softly With His Song - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=busV1c-evwM


やさしく歌って

やさしく歌って

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/04/24
  • メディア: CD



nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント