So-net無料ブログ作成

準好気性埋立構造「福岡方式」 [3. 記事]

tv-icon.jpg

 NHKのニュースで、横浜で開催の第7回アフリカ開発会議(8月28~30日)について報じられ、それに関連してアフリカのごみ問題と、福岡大学工学部の松藤康司先生(平成30年3月末に同学定年)が実現させた準好気性埋立構造、通称「福岡方式」による廃棄物処理場について紹介されていました。
 松藤先生が取り組まれた準好気性埋立構造は「埋立地の底に集排水管を通して外気を取り込むことで、土壌の微生物を活性化させて、廃棄物の分解を促進し、排水の浄化と温暖化に影響するメタンガスの発生の抑制にも有効」とのことで、1975年に福岡市に日本初として導入されたことから「福岡方式」といわれるようになり、日本の各地のごみ処分場でも採用とのことです。また、松藤先生は40年にわたり世界各地の廃棄物処理場の整備に協力され、地球のゴミ問題に対応されているとのことです。
 東洋経済オンラインの中で「どこの国に行っても、国の官僚や自治体の人たちの中には、現場で不快な顔をしたり、視察に行っても車両から決して出ようとしない人もいるが、松藤先生はゴミ捨て場を率先して歩き、ご自分の手でゴミを掴み、現地調査をされている」ことが紹介されています。
 この分野は専門外ですが、「現場を見ることが大切」と考えていることもあり、「素晴らしい!」となりました。

----------
第7回アフリカ開発会議 横浜開催 2019 TICAD7 YOKOHAMA
https://ticad7.city.yokohama.lg.jp/
世界のゴミ問題は「福岡方式」が解決している | 公共・福祉サービス | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
https://toyokeizai.net/articles/-/99305
世界のごみ問題は「福岡方式」が解決している!-福岡大学と福岡市が共同開発。福岡発のごみ埋立技術-| Fukuoka Facts
http://facts.city.fukuoka.lg.jp/data/the-fukuoka-method/
工学部・松藤康司教授の最終講義に清華大学のハオ教授が出席 - プレスリリース|福岡大学
https://www.fukuoka-u.ac.jp/press/18/03/06105713.html
松藤康司先生からのメッセージ | 「今こそ、学問の話をしよう」河合塾
http://www.wakuwaku-catch.jp/ouen_pj/message/1103.html
STEEL CAN AGE |スチール缶リサイクル協会
http://steelcan.jp/steelcanage/vol07/myangle.html
vol.5 ゴミへの挑戦~世界に広がる「福岡方式」~ | 九州・沖縄クロスポイント | ロクいち!福岡ブログ:NHK
https://www.nhk.or.jp/fukuoka-roku-blog/1300/306594.html
2018年10月 4日 | ロクいち!福岡ブログ:NHK
https://www.nhk.or.jp/fukuoka-roku-blog/2018/10/04/
簡易なガス抜き管による埋立地メタンガスの削減効果 ―マレイシアにおける事例研究―(松藤康司)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmcwm/23/0/23_521/_pdf/-char/ja
私が考える現在の埋立処分の課題(松藤康司)
https://jsmcwm.or.jp/landfill/files/2017/12/07-Matsufuji.pdf
【ニュース・ケニア・日本】ジョモ・ケニヤッタ農工大学と福岡大学、固形廃棄物管理で連携 | JSPS海外学術動向ポータルサイト
https://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%BB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%80%91%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%A2%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8B%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%BF/
我が国の UN-HABITAT を通じた福岡方式を用いた廃棄物処理支援
https://www.et.emb-japan.go.jp/files/000458283.pdf

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント