So-net無料ブログ作成

小笠原のクジラが危ない! [3. 記事]

whale.jpg

 政府が国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を25日の閣議で決めていたことが報じられました(IWC ; International Whaling Commission)。
 2014年のblogで日本のやっているのは「名前だけの調査捕鯨」であることを書きました。
 国際協調から離れていきます。やりきれない気持ちで一杯です (T_T)

 小笠原のクジラが危ない!

----------
調査捕鯨の捕獲頭数:ロボット人間の散歩道:So-netブログ
https://robotic-person.blog.so-net.ne.jp/2014-03-31-1
IWC | International Whaling Commission
https://iwc.int/home
IWC脱退、政府が決定 商業捕鯨の再開に道  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3938286026122018MM0000/
小笠原ホエールウォッチング協会
http://www.owa1989.com/

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

sabineko

南半球、南氷洋で捕鯨しないのは国際的な非難を避けるためで姑息です。
by sabineko (2018-12-26 20:45) 

robotic-person

>sabineko さん、
「日本近海などで約30年ぶりに商業捕鯨を復活」などとするのは日本近海で鯨の生息域があることが確認しての行動と思います。
下記の水産庁の資料で捕鯨の歴史について触れていますが、「日本では「男尊女卑」の歴史があるから、現在も「男尊女卑」の思想をもって構わない」というのは時代錯誤以外の何物でもありません。これと同様に捕鯨も見直す必要があると強く考えています。

----------
捕鯨問題の真実(水産庁)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/pdf/140513japanese.pdf

by robotic-person (2018-12-26 22:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント