So-net無料ブログ作成

とこなめ陶の森資料館、とこなめ陶の森陶芸研究所、常滑市陶磁器会館 [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF3914-20161123s.jpg

 INAXライブミュージアムへいったことを先のblogで書きましたが、その駐車場にあった常滑やきもの散歩道周辺案内図」を見て、とこなめ陶の森資料館とこなめ陶の森陶芸研究所常滑市陶磁器会館へもいくことにしました。なお、とこなめ陶の森は自動車1台が通行可能な細い道路の先にあり、最初、「カーナビが示すこの道でいいんだろうか?」と不安になってしまいました (^_^;

DSCF3915-20161123sa.jpg

■ とこなめ陶の森資料館
 とこなめ陶の森資料館は「常滑市民俗資料館として国指定重要有形民俗文化財である「常滑の陶器の生産用具及び製品」の展示公開を目的として昭和56年4月に開館し、平成24年度より隣接の陶芸研究所と統合し、常滑焼の陶業・陶芸の歴史的資料とともに現代の常滑製品も見学できる施設として再スタートした」とのことです。
 資料館に入り、瓶や土管が用いられていた時代、常滑が大きな役割を果たしていたことが理解できました。また、企画展「常滑の焼酎瓶」展(11月12日~12月27日)が開催されていました。

DSCF4307-20161123s.jpg

DSCF4304-20161123s.jpg

DSCF4269-20161123s.jpg

DSCF4272-20161123s.jpg

DSCF4283-20161123s.jpg

DSCF4267-20161123s.jpg

DSCF4280-20161123s.jpg

DSCF4277-20161123s.jpg

DSCF4273-20161123s.jpg

DSCF4310-20161123s.jpg





■ 常滑陶芸研究所
 とこなめ陶の森陶芸研究所は伊奈製陶株式会社(現LIXIL)の創業者、(故)伊奈長三郎氏が同社株を常滑市に寄附し、その資金により、昭和36年10月に本館やアトリエなどを建設し開設したとのことです。

DSCF4297-20161123s.jpg

DSCF4298-20161123s.jpg

DSCF4300-20161123s.jpg

DSCF4301-20161123s.jpg

DSCF4302-20161123s.jpg

DSCF4299-20161123as.jpg
伊奈製陶株式会社(現LIXIL)の創業者(故)伊奈長三郎氏


■ 常滑市陶磁器会館
 常滑市陶磁器会館は閉館が午後5時で、その10分前に入館しました。館内のギャラリー室は照明が消えていて残念ながら見ることはできませんでした。そして常滑焼の展示即売の中から小さなお土産を購入しました。

DSCF4313-20161123s.jpg

DSCF4314-20161123s.jpg

----------
とこなめ陶の森 資料館・陶芸研究所・研修工房-窯業の歴史・陶芸を学ぶ-
http://www.tokoname-tounomori.jp/
施設案内 資料館について|常滑市
http://www.city.tokoname.aichi.jp/kurashi/syogaigakusyu/1000996/1000997.html
施設案内 とこなめ陶の森陶芸研究所|常滑市
http://www.city.tokoname.aichi.jp/shisetsu/tounomori/1001160.html
愛知県常滑市観光協会>見る>観光スポット一覧>やきもの散歩道
http://www.tokoname-kankou.net/contents/miru01-01.html
愛知県常滑市観光協会>観光マップ・パンフレット・ダウンロード
http://www.tokoname-kankou.net/download/
公式|常滑やきもの散歩道|マップ|常滑市観光協会 常滑支部
http://tokonamesanpo.jp/map/
愛知県常滑市観光協会>見る>観光スポット一覧>陶磁器会館
http://www.tokoname-kankou.net/contents/miru01-09.html

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1